UK Hardcore(UK Industrial)について

この記事はHARDGATE09までに書き上げようとしていたのですがモチベが低下してしまい60%ぐらい書いたところで頓挫したのですが、先日UniyamaさんがPRSPCT XTRMの新譜、Body Slam Musik EPについてツイートした所結構注目を浴びていたので便乗して一気に書き上げた次第です。

(曖昧なところや間違っている箇所もあると思うので一個人の見解として見てください)

 

UK Hardcore(UK Industrial)とは何か

UK Hardcoreというと基本的にGammerやDarren Stylesなどのハッピー系のことを思い浮かべる方も多いと思うが、それも間違っているわけではなくUK Hardcoreと言われるジャンルになる。しかし今回紹介するUK HardcoreというのはHellfishやAkiraなどが作曲するUK Industrial Hardcoreのことを示す。私は同じ表記で紛らわしいと思っているのでUK Industrialと記述することが多い。ちなみに海外ではUK Industrialで通じる場合もあるが、大半がUK Hardcoreで大体通じる。

UK Industrialの特徴はBPM200以上の場合が多いぐらいで特にこれといった決まりはないが、リリース全体を通して他のHardcoreのジャンルに比べて渋めでストイックな傾向が強い。このジャンルには基本的に流行り廃りがないのでここ10数年で音の進化はあれど構成に変化はあまりみられない。さらにUK Industrialを作るアーティストはUK Industrialしか作らない場合が多いのでアーティストを見て大体の曲の展開、どういった音使っているかなどがわかるケースも多々ある。

 

抑えておきたいアーティスト、レーベル

下記がUK Industrialの中心的なアーティスト、レーベル(リリースが途絶えているものも含む)になるのでdigの参考までに。残念ながらUK Industrialが豊富に取り揃えてあるAudio sicknessでは現在楽曲の購入ができなくなっていたり、レコードのみでデジタル配信がない場合も多くすんなり楽曲が買えないケースも多々あり。

(※は他ジャンルもリリースするアーティスト、レーベル)

~アーティスト~ 

Hellfish、Bryan Fury、Axe Gabba Murda Mob(Hellfish & Bryan Fury)、Akira、The DJ Producer、Deathmachine、Dolphin、Khaoz Engine、Tugie、Stormtrooper、Penta※、Xaturate、The Outside Agency、Al Twisted、Dataklysm、Fiend、Diplomat、Detest、I:gor、Drokz、Tripped

~レーベル~

Deathchant、PRSPCT XTRMOblivion Underground Recordings、Motormouth Recordz、Hong Kong Violence、Heresy、The Third Movement、PaceMaker Records、Audio Damage、Komplex Kommunications、Provoke Recordings、Axe Gabba Murda Mob Records、Rebelscum、Cunt Records、Abused Recordingz

 

おすすめ楽曲等

Akira & Bryan Fury - Nutz Drillah [PRSPCT XTRM]

Youtubeのコメント欄でジャンル論争が勃発したBody Slam MusikがはいったEPのAkira & Bryan Furyの合作曲。Akiraはそんなに高頻度で曲をリリースしないんですが毎回毎回クオリティが高いのが魅力。


Deathmachine - The World's End [PRSPCT XTRM]

UK Industrialを作るアーティストの中にはかなりメロディを前面に押し出した曲を作るアーティストもいてDeathmachineもその一人。あとDolphin、Hellfishなども結構メロディを前面に押し出した曲を作る傾向にあります。このEPのA面のNastyはThe World's Endとは違いガツガツとしたUK Industrialになっています。

 

Bryan Fury - Fuck Daddy (Bryan Fury's Daddy's Fury Remix) [Deathchant]

この曲はUK Industrialの中でもキックの後ろでつねにノイズが走っているようなタイプ。こういうタイプのUK Industrialはあまり多くはないのですが私自身めちゃくちゃ好きなのでDJで使いがち。ちなみにDeathchantのリリースはBeatportやHardtunesで普通に買えます。

 

Axe Gabba Murda Mob - Tree Trunk Destroyed [PaceMaker Records]

Axe Gabba Murda Mob名義の曲は基本うるさくて凶暴的なやつが多いです。でも荒々しいほうがHardcoreって感じで僕は好きですね。The Satanに負けないレベルで音圧高いので注意。

 

Hellfish - Heart Attack [Deathchant]

実はFrenchcoreの大本を作ったのはHellfishなんだとか。UK Industrialかと言われると微妙ですが…。DeathchantにはThe Speed Freakも楽曲をリリースしていたりFrenchcoreとの繋がりも強いレーベルだったりします。

 

The DJ Producer - Positive Outlook (Dolphin Revision) [The Third Movement]

Dolphinの曲の中で1、2位を争うレベルで好きな曲(Remixですが…)。Dolphinは前述した通りメロディの出張が激しい曲が多いが、Bass系の要素を取り入れたりして全く飽きがこない。同じTTMから去年の年末にリリースされたSleepwalkers EPもおすすめ。

 

Akira & The DJ Producer - Fast And Akkurad Dominator 2012 Dub [Free Release]

この頃のAkiraやThe DJ Producerは破壊的なUK Industrialを数多くリリースしていた時期になる。特にAkiraSoundcloudにあるMong Kok Breakz、Fuckkk The System (Akira ukong style reshoot rmx)、Attitude LegitなどはFree DL可能なので是非DLしてほしい。

 

紹介したい曲は山程あるのですが面倒なのでこの辺でやめておきます。この間のHARDGATEではMIDI WarさんとほぼUK IndustrialのみのB2Bをして多くの方が踊っていたので色々楽曲を掘ってハマってくれると嬉しいです。

2018年リリースの気になった曲

先月HARDGATEのブログの記事を書かせてもらった時から、TwitterとかFacebook以外にもメモ帳代わりに長文とか気になったことをまとめておきたい欲がでてきたのでまたこのブログもちょこちょこ書いていこうと思います。

昨日MOH TOP100も発表され2018年リリースされた良曲でmixを録ろうと思ったのですがDDJ-RBが完全に壊れているのに気づいたので文章でまとめていきたいと思います。

 

Tugie - Earbanger [PRSPCT XTRM]

ジャケットの通りTugie名義のラストEP。4曲すべてTugieが作曲する独特の疾走感のあるIndustrial Hardcoreに仕上がっておりこれが聴けるのも最後かと思っていたらRogueという名義で新たに活動を宣言し、曲も公開されましたが結局Tugieとやってることは変わってなくてホッとしました。

 

Penta & Dolphin - Last Run [PRSPCT XTRM]

全体的な曲の展開はDolphin特有のUK Hardcoreといった感じなんですが、そこへThe Third Movement等で活躍しているPentaのキックが合わさり最高の1曲に仕上がっています。B面のTrippedとPentaの合作も必聴。今年のXTRMのリリースの中でも1、2を争う良曲。

 

Jack of Sound - Life Or Death [Unleashed Records]

特別変なキックを使っていたわけでもなく、特別変なメロディという感じでもないんですが個人的にお気に入りの1曲。こういったRawstyleは今では貴重なのかもしれません。先日リリースされたJack of Sound & The Outside Agency - Some Moreも非常に印象的でした。

 

Hellfish & Bryan Fury - Doom Dance [Oblivion Underground Recordings]

今年Oblivion Underground Recordings、PRSPCT XTRM、PRSPCT RVLT、Love Love Records、Hong Kong Violence、Motormouth RecordzとかつてないペースでリリースをしてきたAxe Gabba Murda Mob(Hellfish & Bryan Fury)。この曲は今年のリリースの中でも一番AGMMらしい荒々しさが随所に現れているUK Hardcoreだと思います。

 

Blaster - Out Of Time [Cartel00 Records]

今年リリースされたUptempoの中でBlaster - El Controlと並んで1位タイで好きな曲。どういった曲かは上のHARDGATEブログのほうで色々書いてあるのでそちらを参照してください。このコンピレーションはこの曲以外にもThe Punisher、Hungry Beatsなどの良曲が収録されていますので是非チェックして下さい。余談ですがBlasterは今年Dogfight Recordsに加入する前後あたりからRawstyleやMainstream Hardcoreを多くリリースしており、またUptempoに戻ってきてほしいと常々思っています。(アルバムはFOOTWORXXかCartel00 Recordsから出してほしい)

 

X-Pander - Lose Control [Darkside Unleashed]

X-PanderはA² RecordsからRawstyleをリリースしていたアーティスト。突如今年の5月にUptempo Hardcoreも作曲していくことを宣言しすぐにEPをリリース。そして今月Darkside Unleashedからアルバムを発売。キックがDestructive Tendenciesと似ていますが彼らが全面的にサポートしているので似ているのは致し方ないかも。ちなみにDarkside Unleashedと同じくTwistedのサブレーベルであるInfexious Hardstyleとの共同アルバムらしくUnresolvedと合作したRawstyleも収録されています。

 

Striker & Iridium - Destruction [Violent Disorder]

Exode RecordsのサブレーベルViolent DisorderからリリースされたStrikerのアルバムからの1曲。3人組Uptempo/TerrorユニットのIridiumとの合作でどストレートでストイックなTerror。Terror界の巨匠Drokzもこのアルバムにリミキサーとして参加していたり何かとStrikerのことを評価しており、来年はStrikerの活躍に期待です。

 

Delete ft. Tha Watcher - Payback [End of Line Recordings]

今年もRawstyle勢はDelete、Warface、Malice、Krowdexx、Radical Redemption、Jack of Soundなどがアルバムを相次いでリリース。アーティストごとに個性が顕著に出ていて特に周りの人たちにはMaliceのアルバムが人気みたいです。色々アルバムがリリースされましたが僕はDelete 1stアルバム「Alpha Omega」が非常にお気に入り。Rawstyleアーティストの中で1番好きなのがDeleteというのもあるんですが、特にMCにThe Watcherを迎えたPaybackは淡々と重いキックが叩きつけられるDeleteらしい1曲に仕上がってると感じました。

 

The DJ Producer - Back to the Oldschool [Heresy]

CrossbreedレーベルHeresyから突如リリースされたThe DJ ProducerのアルバムFuture Incognito。正直14曲すべてが良曲なので1番とか選びにくいんですが中でも良かったと思ったのがBack to the Oldschoolでした。余談ですが今年Heresyの主宰であるIgneon Systemが活動休止を宣言しHeresyの動向も気になっていましたが今の所特に音沙汰なしの状態。HeresyのIgneon System & Deathmachine - Sinsを聴いてCrossbreedを聴くようになったのでこのままペースは落ちても何かしらリリースしてほしいと思います。

 

The 3Eyed - The Struggle [Industrial Strength Records]

よく音圧の塊と称してThe Satanの名前があがりますが、このThe 3Eyedもかなりやばいレベルの音圧魔神。今回のEPは全体的に速めのBPMの曲が多くThe Struggleも220のUptempo Hardcoreに仕上がっています。まだそこまでリリースが多いアーティストではないのですが、来年はもう少しリリースが活発になればいいなと思います。

 

まだまだ数多くの曲をあげようと思いましたが流石にめんどくさいのでこの辺にしておきます。今年は引退やら活動休止のアーティストが多くて非常に辛い1年でした。また、来年はDTMにも力を入れていきたいので色々な曲を聴いてインスピレーションを受けていきたいと思います。

Uptempo Samurai Records Podcast 001 配信開始

 

タイトルの通り、9月4日にSamurai Resistanceさんが主宰のUptempo Hardcoreレーベル「Uptempo Samurai Records」より私のUptempo & Terror mixが配信されました。

レーベルからPodcastとしてDJ mixが配信されるのは初めてのことなのでいつも以上に気合を入れてmixを録りました。まだDJ初めて1年のぺーぺーなので色々と試行錯誤の毎日ですがこれからも頑張ります。

さて、幾つかセットリスト組むにあたって気に入った曲をピックアップしたので紹介します。

 

5. Typherix Vs Citizen X - Fucking Shit

先月に発売されたPartyraiser Recordingsのアルバム「Chaos Of The Mayans」からの1曲。

そもそもこのアルバムの入ってる曲全部キックが強烈で大好きなんですが、この曲で時折使われてるサイレンみたいなキックとブレイクの雄叫びがすごい好きですね。ヘンテコキックが使われてるのすごい好きなのでなんかおすすめあったら教えてください…。

 

6. Delta 9 - Pray

Speedcore界の巨匠 Delta 9のTerrorcore。イントロが終わり静かになったかと思った矢先にくる叩きつけるようなキック。Delta 9は基本的にブレイクが存在しないような曲ばかりを作る傾向にあるのですが、これもそんな感じで永遠と強烈なキックが4分間なり続けます。

 

11. Dissoactive - Renekick Paape

この曲Terrorcoreのはずなのにブレイクのおちゃらけたメロディーのおかげでなんだか明るい曲に聞こえるような聞こえないような。Dissoactiveはいつも比較的軽めのキックを使うので爽快感がたまりません。

まとめ

語彙力が皆無なので説明が説明になってませんがこの曲が好き!ってことが伝わってもらえたなら幸いです。

Uptempo Samurai RecordsさんではDJ mixの他にTrackも募集しているので気になる方はSamurai ResistanceさんのTwitterにDMを送ってみてください。